人間国宝 濱田庄司 『草絵瓶子』 共箱 民藝

人間国宝 濱田庄司 『草絵瓶子』 共箱 民藝

この作品について問い合わせる

作品詳細

商品名 濱田庄司 『草絵瓶子』
商品説明

民藝運動の先駆者であり、益子民陶を芸術の域に高め
世界に名を轟かせた、人間国宝 濱田庄司の作品です。

本作は、壺屋焼に見られるタワカサー(大ぶりの徳利)を
意識して作られたものとみられます。
勢いよく走った筆の草文が濱田庄司らしい、
洗練された技術とセンスが感じられる逸品です。
各地の民藝の伝統技法と美を吸収し、自身の創作様式として
確立した濱田ですが、本作も古陶磁のエッセンスを見事に
活かしています。

寸法 高 30.8cm × 径 13.2cm
付属品 共箱
状態 目立ったキズや汚れ等なく概ね良好な状態です。
写真をよくご覧の上、ご検討ください。
僅かな経年感は中古品の特性としてご了承下さい
略歴

【濱田庄司 略歴】

1894年~1978年 83歳逝去 神奈川生
1930年 栃木県益子町で作陶を開始
1955年 第1回重要無形文化財「民芸陶器」保持者認定
1961年 第二代日本民藝館館長就任
1968年 文化勲章受章
1977年 自ら蒐集した日本国内外の民藝品を
    展示する益子参考館を開館

この作品について問い合わせる