北大路魯山人 『染付源氏巻文湯呑』 黒田陶々庵識箱 銘有

北大路魯山人 『染付源氏巻文湯呑』 黒田陶々庵識箱 銘有

この作品について問い合わせる

作品詳細

商品名 北大路魯山人 『染付源氏巻文湯呑』
商品説明

不世出の芸術家と謳われ、陶芸をはじめ書画・漆芸・
篆刻・料理など多彩な分野でその何れにおいても
一流の才能を発揮した北大路魯山人の作品です。

細い線を間隔良く並べて引いた輪線文は様は、繊細に伸びた筋が
心地よく、洒落た感覚と共に躍動感が感じられます。
素朴で邪魔にならず、それでいて飽きの来ない、
身近な愛着を感じられる湯呑の秀逸作です。

寸法 高 8.7cm × 径 7.8cm
付属品 黒田陶々庵識箱
状態 目立った傷や汚れ等なく概ね良好な状態です。
写真をよくご覧の上、ご検討ください。
僅かな経年感は中古品の特性としてご了承下さい。
略歴

【北大路魯山人 略歴】

1883年~1959年 76歳逝去 京都生
1889年 木版師 福田武造の養子となる。
1903年 書家を志して上京する。
1904年 日本美術展覧会にて隷書「千字文」で賞を受賞。
1905年 書家 岡本可亭に師事、住込みの弟子となる。
1925年 「星岡茶寮」を開設し、顧問兼料理長となる。
1926年 北鎌倉に築窯する。
1936年 アメリカ、ヨーロッパ各地を歴訪。
    ニューヨーク近代美術館にて「魯山人展」開催。
1955年 重要無形文化財保持者の認定を固辞する。

この作品について問い合わせる